« しばし森のなか | Main | FUJI ROCK FESTIVAL '10 回想記 土曜日 »

2010.08.11

FUJI ROCK FESTIVAL '10 回想記 木曜〜金曜

果たして、何度目なのかもう正確にわからなくなりつつありま
す。毎年、行くのが当たり前になっているので、誰が出るのか
前日、あるいは当日になって知ることも。

行けば絶対楽しいし、知らないことでまた新鮮な驚きと感動が
あるというのも、フェスならでは。

前夜祭で、花火のカウントダウンをしてくださったのが、日本
一有名なフラダンサーグループである、Sandiiさん率いるHula
Stars
。朝霧ジャムでもお馴染で、何度観てもその神々しいまでの笑
顔と、女性であることの力に溢れた舞を観ていると、いつのま
にか皆笑顔になっていることに気付く。かなりの雨の中、嫌な
顔一つせず、むしろ天からの恵みを喜ぶがごとく輝く笑顔で舞
う。フラダンスというのが神への捧げものであるということが
とてもよくわかる瞬間でした。

花火を観ながら、Sandiiさんが「Beautiful! Waooh!」などと
相当セクシーな声で叫ぶのがまたよかった(笑)

前夜祭でみんなをブチのめしたのが、NARASIRATO PAN PIPERS!
 何せ、いきなりふんどし、ほぼ全裸(笑)
ソロモン諸島から来た、手作りパンパイプ(ケーナとも似た、
木の筒を多数並べた笛)を多数使って歌い、踊る。現地の音楽
に、なぜかソウルやレゲエ、しまいにゃ「上を向いて歩こう」
まで(素敵な日本語で)もうなんでもござれ。メインボーカル
の彼が最高のキャラで、どことなく島崎俊郎のアダモちゃん似
、ハイテンションかつ人懐っこい笑顔とコミカルな動きでガッ
ツリ掴む。いやあ、こんなスゴイのを見つけてきて苗場に連れ
てきてしまうSMASHに脱帽。

翌朝もやはり雨、3日間のスタートはヘブンでキセル。
個人的に大好きなユニットであり、また朝霧やフジでお馴染の
アーティストでもあります。今回はキーボードとドラムも入れ
たバンド編成で、アルバムの音を忠実に再現していた印象でし
た。まだ起ききれない脳味噌を柔らかく包み込むような彼らの
音、野外に似合うなあ。

そのあとはかなりゆっくりして、再びNARASIRATO PAN PIPERS
を、今度はボードウォーク内の木道亭で。昨夜のステージで魅
せられたと思われし客があっという間に集結、木々の隙間を埋
め尽くすオーディエンスにがっつり応える彼ら。まさにこの場
所で彼らをやらせたかったんだ、とSMASHロンドンのスタッフ
が言っていたように、ぴったりでした。彼らはちゃんとしたコ
ンサートホールなんかでPA効かせてやるより、生音で小さな公
園や、海辺、キャンプ場なんかで聴きたいなあ。

次はオレンジであのザッパ師匠ジュニア、DWEEZIL
ZAPPAを。ZAPPA
 PLAYS ZAPPA、ここ数年彼が取り組んでいるそのまんま、の
ステージはもう圧巻。親父さんのステージは生で観られなかっ
たけれど、きっとこうだったんだろうと思わせる、バカテクと
最高の音、ミュージカル仕立てのショウ。
ギターってすごい!まだこんなにやれることがあるんだ!!と
心熱くなるステージでした。しっかし濃い血だな(笑)

ぶっとんでしばしお休みして、Corinne Bailey Raeを。
ラジオで聴いて気に入っていたけれど、どんな人かは姿すら知
らず。イギリス系ブラック、という感じでキュートでロッキン
な感じもあり、レニークラヴィッツ的な音も。最後、スライで
有名なQUE SERA,SERAを。女性がこれを歌うとこれまた最高で
、大好きな曲だけになんだか泣けてしまった。おっきくなった
らどうなるのママ? なるようになるのよ、時の過ぎ行くまま
にね、と。

チラリとヘブンでCharさんを。相変わらずバカウマなギター。
最近カヴァーアルバムを連発しているせいか、ツェッペリンや
ビートルズ、ヘンドリクスやら大定番を連発。お腹いっぱいな
んですが、惜しむらくはギターばっかしデカくて、ドラムやベ
ース、鍵盤が聴こえにくかったこと。PAの技なのか、あるいは
そういう本人の意図なのか。やっぱりワンマンなのか、と残念
に思ってしまいました。バンド感、というか、ギター以外の部
分の凄さも、あるのにね。

初日は腹八分目で、森の映画館、てな感じの「富士映劇」で「
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を。若いころの浅丘
ルリ子さんの小悪魔っぷりにドキドキしながら、ちょっとうつ
らうつらしながら、最後まで楽しみました。やっぱ寅さんって
、スクリーンで観るのがいいんだなあ。夏の夜の思い出、に寅
さんの映画が加わるなんて、やっぱしフジっていいな、と思い
ました。

その後もキヨシローさんのドキュメントとかもあったのですが
、睡魔に勝てずテントへ。オールナイトフジ、という豪華DJイ
ベントがあるのですが、一度も参加できてないオジサンです(
笑)24時には普段寝てしまう生活なんでねえ…

遠くで鳴る強烈な4つ打ちを子守唄に、一人用の狭いテントに
兄と二人埋没。

次回、二日目金曜のレポを。

|

« しばし森のなか | Main | FUJI ROCK FESTIVAL '10 回想記 土曜日 »

Comments

キセル、相変わらずイ~感じそうだね。ベースもイ~とこ突くんだわ!

Posted by: P | 2010.08.19 at 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20798/49123896

Listed below are links to weblogs that reference FUJI ROCK FESTIVAL '10 回想記 木曜〜金曜 :

« しばし森のなか | Main | FUJI ROCK FESTIVAL '10 回想記 土曜日 »